かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相 レビュー・感想

かまいたちの夜×3 機種:PS2
メーカー:セガ
発売日:2006年7月27日
ジャンル:アドベンチャー

評価点

  • タイムチャートがあり、任意の場面にジャンプできる。
  • 我孫子武丸がメインシナリオ担当。

不満点

  • おまけシナリオのボリュームが少ない。
  • くだらないバッドエンドが多く、コンプリートが面倒。
  • 1人がバッドエンドになると同時間帯の3人もバッドエンドになるため、バッドエンド回収が面倒。

総評

かまいたちの夜の完結編。
タイトルからわかるように前作の続きなので、前作をやってないと楽しめない。一応、前2作品のメインシナリオが収録されているため、この作品から購入しても一応大丈夫なようにはなっている。
「かまいたちの夜」シリーズを初めてプレイする人には、ものすごくボリュームのあるゲームなのだが、逆に新作のみをやろうとしている人には物足りなさを感じてしまうであろう。
サクラ大戦4をプレイした時に思った、"手抜き感"が…。
この"手抜き感"というのは、今まではメインシナリオ以外にも追加シナリオが豊富だったのに対し、今回は「真相編」、「番外編」(ピンクのしおり)、「犯人編」(紺のしおり)の3つしかないということ。
真相編の「完」エンドを見るだけで、ピンクのしおりが出現しちゃうんだもん。こんなんでいいのかって思ってしまった。
もうひとつ問題だったのがバンドエンド回収が面倒だということ。主人公が4人いて「街」のように交互に進めていくのだが、同じ空間が舞台で全員が無事にハッピーエンドになるようにプレイしなければならないため、一人がバッドエンドになると他のキャラもバッドエンドになってしまう。バッドエンド数が少なければ我慢できたのだが、くだらないエンディングが今回も多くて、回収作業が苦痛だった。
犯人やトリックが分かっても簡単に「完」エンドに行けないようにするためのシステムだったと思うので、利点でもあり欠点でもあったというところであろうか。
連携選択肢という、「Aが推理するけど、手がかりが足りないから続きはBが推理、Cは推理の邪魔をさせない」といった選択肢の選び方をしないと正解に辿りつけないのはなかなか面白かったけど、面倒くさかったな。
わざと、相手を怒らせる選択肢を選んだりとか…。
メインシナリオの出来は、前作の「わらべ唄編」より面白かったと思うが、「1」と比べるとねぇ……。
今回は「2」の舞台を使って、「1」のミステリー編に戻したゲームですね。
事件が解決できなければ、「1」のサバイバル・ゲームと同じことが待っている…。
ただ、登場人物が少ないしおなじみのキャラだったので、犯人当ても難しくなかったのがちょっと残念かなぁと。
紺のしおりが出現してから見れる「犯人編」はびっくりしました。あれはよく出来てたと思う。
最初に書いた「物足りなさ」があるので、前2作品よりは評価下がってますが、前作の続きが気になるという方は迷わず買うべきかと。今回は値段が安いのが救い。